クイジナートハンドブレンダーHB-504とHB-502の違いを比較!口コミ評判は?

クイジナートハンドブレンダーHB-504とHB-502の違いを比較!口コミ評判は?
スポンサーリンク

クイジナートから新しいハンドブレンダーで1台5役の機能がある人気機種「スリム&ライト」シリーズから、新モデルHB-504が11月に発売されますが、どんな仕様なのか、既存モデルHB-502とどう違うのかになりますよね。

そこで、クイジナートのハンドブレンダーの、新発売モデルHB-504と、既存モデルHB-502の違いについて比較し口コミ評判をご紹介しながら、どんな方におすすめかまとめたいと思います♪

新モデルHB-504と既存モデルHB-502との違いを比較すると、

  •  HB-504の方が50g軽い!
  • HB-504にはラバーグリップ装着!
  • HB-504は、ブレードガード部分に穴が空き、さらに攪拌機能UPの技術が搭載!
  • HB-504はブレンダーシャフト部分の丸洗いできる!

 

海ママ
海ママ

本文では、この新モデルHB-504と既存モデルHB-502の違いの比較についてさらに詳しく解説、そして口コミについてもご紹介しましたので、どちらのタイプがご自身に合っているか是非チェックしてみてくださいね☆

\クイジナート ハンドブレンダー「スリム&ライト」最新モデル HB-504/

 

\クイジナート ハンドブレンダー「スリム&ライト」既存型 HB-502/

 

▼2022年発売ノンフライオーブントースターの口コミやコストコでの取り扱いについての記事はコチラ▼

クイジナートハンドブレンダースリム&ライトHB-504とHB-502の違いを比較

クイジナートのハンドブレンダーの新モデルHB-504と既存モデルHB-502の違いについて見ていきたいと思います。大まかな違いをカンタンにまとめると、

  1.  HB-504の方が軽い
  2. HB-504には滑りにくいラバーグリップ付き
  3. HB-504 のブレードガードに穴が空いたことで攪拌機能がUP
  4. HB-504は丸洗いができる

以上の4点になります。それぞれについて、さらに詳しくみていきますね♪

 

①HB-504の方が軽い

新モデルHB-504と既存モデルHB-502の本体の重さを比べてみましょう。

新製品HB-504の重さは→550g
既存品のHB-502の重さは→560g
正直、あまり重さの差はないですね。

500gと言えば、だいたい飲料水ペットボトル500mLの重さと同じくくらいなので、調理中の重さの負担が気になる女性の方にとって、ペットボトル1本分の重さであれば、毎日気軽に手に取って調理しようと思えますよね。

②HB-504には滑りにくいラバーグリップ付き

ハンドブレンダーってそこそこ重みもありますし、調理中はブレンダーをギュッ!としばらくホールドしますよね。そうすると、ツルツルしたブレンダーだといつの間にかズルズル…と手が下に落ちていったり、汗で滑ったりすることも…。

今回新モデルHB-504では、手が滑りにくい「ラバーグリップ」が装備されました!これによって、調理中も手が滑ることなく、安定してスムーズにブレンダーを握ることができますよ☆

 

③HB-504のブレードガードに穴が空いたことでさらに攪拌機能UP

新モデルHB-504には、ブレンダーの肝心な部分、先端の攪拌する器具の部分(ブレードガード)に穴が4か所も空いているんですね!

これによって、ペースト状にした食材や器に底にたまった食材をさらに効率よく混ぜることができるようになったので、調理時間の時短にもつながりますね♪

 

④HB-504は丸洗いができる

新製品HB-504は、ブレンダーの攪拌する棒の部分=ブレンダーシャフトを取り外したら全体を丸洗いすることができます!

既存モデルHB-502までのお手入れ方法では、ブレンダーシャフトの接続部分は故障の原因となるので水に濡らすことができず、湿らせて柔らかい布で汚れをふき取ることしかできなかったのに対して、金属部分は水洗いができるという、一つのパーツで水洗いができる部分とできない部分があって、ちょっとしたストレスになっていました…。

しかし、新モデルHB-504では、ブレンダーシャフトの接続部分も水に濡らしてもOK!に改良されたなので、とりはずしたパーツが丸々っと洗えちゃいます!これはお手入れが一気にラクになって、ストレスも減りますよね!

 

\クイジナート ハンドブレンダー「スリム&ライト」最新モデル HB-504/

 

クイジナートハンドブレンダースリム&ライトHB-504がおすすめな人

ここまで、クイジナート ハンドブレンダー「スリム&ライト新モデルHB-504と既存モデルHB-502との違いについて比較してきましたが、ここからはそれぞれおすすめするタイプをまとめていきますね。

クイジナート新モデルHB-504にピッタリな方は以下のタイプです。

  •  せっかく調理家電を購入するなら最新モデルがいいなと考えている人♪
  • 手が小さい!太い調理器具を長時間握るのはニガテ!…調理するときの重さの負担を少しでも軽くしたい人♪
  • 手に汗をかきやすいなど、にぎったブレンダー本体から手がずり落ちちゃいそうな人♪
  • 泣いてる赤ちゃんを待たせておけない!離乳食を手早く作っちゃいたい!調理時間を少しでも時短にしたい!など、効率良くチャチャっと調理したい人♪
  • 調理器具は常に清潔に保ちたい!お掃除お手入れをラクに手早く終わらせたい人♪

以上に当てはまった方は、迷わずクイジナート新モデルHB-504が買い!ですね。

 

\攪拌機能がUPした最新モデル HB-504 はコチラ▼/

クイジナートハンドブレンダースリム&ライトHB-502がおすすめな人

クイジナート ハンドブレンダー「スリム&ライト」既存モデルHB-502にピッタリな方は以下のタイプです。

  •  少しでも予算を抑えたい人♪
  • 手が大きい方など、太めのブレンダーでもしっかり握れる人♪
  • 手汗をかきにくい人♪
  • 多少お手入れお掃除に時間がかかっても構わない人♪
  • ブレンダーを過去に使ったことがあり、ブレンダーでの調理やお手入れにすでに慣れている人♪

新モデルHB-504の値段が1万5千円程なのに対して、既存モデルHB-502の値段は、9千円と1万円を切りますね。1万円を超すか超さないかの区切りは、予算を考えるに当たって重要なポイントとも言えますよね

新モデルHB-504にこだわらなくても、既存品HB-502でも十分、調理作業の幅が広がると思いますよ♪

 

\コスパ重視なら既存型 HB-502 ▼/

 

クイジナートハンドブレンダースリム&ライトHB-504の口コミ評判は?

出典:クイジナート公式HP

クイジナート ハンドブレンダー「スリム&ライト」新モデルHB-504は2021年11月5日発売で、現時点では口コミはまだありませんので、口コミを得られ次第、随時更新していきますね。

私が個人的に新モデルHB-504を買うメリットを感じる点としては、クイジナート ハンドブレンダー「スリム&ライト」新モデルHB-504は滑りにくいラバーグリップが付いているという点は、握力の小さい私としてはすっごく助かります☆

キャベツとか人参とか固い食材を作る時って、ブレンダーを握る手にどうしても必要以上の力が入っちゃいます…そんなチカラ入れすぎの状態だとズルズル掌が滑ったり、疲れちゃったりするのでラバグリップはちょっとした気遣いを感じられて良いですよね♪

あとは、ブレンダーの攪拌する棒の部分=ブレンダーシャフトをすっぽり取り外せて丸洗いできるという点もズボラな私としては大助かり☆

既存モデルHB-502は、接続部分を水につけちゃいけなくて、それを気にしながらブレンダーシャフト部分をそろりそろりと洗うなんてちょっとめんどくさい…新モデルHB-504なら、それを気にせずバシャバシャっとこびりついた食材の汚れを一気に手洗いできそうなの嬉しいポイント!

 

\お掃除がラク&手早く混ぜられる最新モデル HB-504 はコチラ▼/

 

クイジナートハンドブレンダースリム&ライトHB-502の口コミ評判は?

出典:クイジナート公式HP

すでに発売されているクイジナートハンドブレンダー「スリム&ライト」既存モデルHB-502の口コミ評判はどうでしょう?
ハンドブレンダー「スリム&ライト」既存モデルHB-502を利用している方の口コミ評価を、当ブログ独自のアンケートでまとめてみました!

 

音やスイッチを押しながらの操作が気になる

  • スイッチを押しながら使用するので、使用頻度が多い方などからしたら気になる部分ではあるかと思います。
  • 音は今まで使用していた旧型のミキサーよりは静かで個人的には問題ありませんが、マンション等の集合住宅ではちょっと気を遣ってしまい使いづらいかなと思いました。

 

 

使い方や後片付けがカンタン

  • フープロ・ミキサー・ハンドミキサー(電動泡立て器)の機能がざっくり欲しい私みたいな人はとりあえずコレ買っとけば間違いないです。鍋やボウルのままポタージュやペーストを作れるので洗い物を減らしたい方にもおすすめ
  • 具体的な使い勝手は専用機器には敵わないものの、ダイヤル設定とボタンを押す強さでモーターの速さを無段階調整でき、感覚的に使えます。

 

コンパクトで場所をとらないのに軽い&安定感あり

  • 取り回しやすい軽くて細いグリップと様々な容器に対応できるコンパクトなブレード、最高です。洗い物はやはり少なくて済みますし、スペースも取らないので私は気に入っています。
  • お蔵入りならず、よく使います。逆さまにして置ける自立性の安定感が、好印象。重心が、とてもよく考えられていると思います。
  • パワーもありパーツの着脱もものすごく簡単なので大変満足していますが、強いて言うならば仕組みが簡単すぎてちょっと危ないかなとも思います。見た目もシンプルで清潔感があり、仕組みも簡単で思っていたより全然重くなかったです。
  • コードレスではありませんが、これも気にならないくらい、快適に使えました。持ち手の太さも、小さめの私の手にも丁度良かったです。
  • 使いやすくデザインもお洒落で買って良かったです。

 

ミキサー音が気になる方も中にはいらっしゃいますが、ミキサー音が気になる方は、ハンドブレンダーの下に振動を吸収する布の鍋つかみや防振ゴムのマットなど敷くなど工夫することで音を軽減することができますよ♪

 

▼防振マットはこちら▼
itemlink post_id=”607″]

 

離乳食など、ハンドブレンダーを使うのが主に女性になりそうだというご家庭には、やはり重宝しそうですね。

出産お祝いに送ることが多く、離乳食はもちろん日々の料理に使えるとのコメントもありましたよ。

 

\出産祝いや贈り物にも♡ 既存型 HB-502 はコチラ▼/

 

クイジナートハンドブレンダースリム&ライトHB-504とHB-502に共通する機能

出典:クイジナート公式HP

ここまで、クイジナートハンドブレンダー「スリム&ライト」新モデルHB-504と既存モデルHB-502の違いと、それぞれをおすすめする方をご紹介してきました!最後に、クイジナートの新製品と既存品に共通する機能についてカンタンにまとめておきますね。

  • クイジナートのハンドブレンダーの本体の重さはおよそ500g、ペットボトル1本分の軽さで、毎日使いたくなる、取り回しの良さ♪
  • ビーターアタッチメントで、生クリームや卵白の泡立てなどケーキを作る下準備もあっという間♪
  • チョッパーアタッチメントで、たまねぎのやキャベツのみじん切りなど面倒な下ごしらえも、驚きの時短♪
  • マッシャーで、さつまいもやかぼちゃ、マッシュポテト、栗などのすりつぶしも出来ちゃいます♪

さらにまとめると、クイジナートハンドブレンダー「スリム&ライト」シリーズは、1台5役!

①つぶす
②混ぜる
③泡立てる
④かき混ぜる
⑤刻む・ミンチ

がこれ1台でできちゃいますので、新モデルHB-504にしても既存モデルHB-502にしても、1台キッチンにあれば毎日の料理のお共にかなり心強い相棒をなってくれること間違いナシですよ♪

 

まとめ:クイジナートハンドブレンダースリム&ライトHB-504とHB-502の違いを比較!口コミ評判は?

以上、クイジナートのハンドブレンダーの人気機種「スリム&ライト」シリーズの新モデルHB-504と既存モデルHB-502について違いを比較、口コミ評判についてご紹介しました♪

  •  HB-504の方が50g軽い!
  • HB-504にはラバーグリップ装着!
  • HB-504は、ブレードガード部分に穴が空き、さらに攪拌機能UPの技術が搭載!
  • HB-504はブレンダーシャフト部分の丸洗いできる!

材料を切ったり混ぜたりって、キッチンで料理をしようと思ったらほぼ必ずやる作業のひとつですよね。

それをブレンダーという機械にお任せしちぇば、かなり調理時間の時短になるし、余った時間で他のおかずが作れちゃったりするので、ぜひ購入検討してみてくださいね♪

 

\クイジナート ハンドブレンダー「スリム&ライト」最新モデル HB-504/

 

\クイジナート ハンドブレンダー「スリム&ライト」既存型 HB-502/

 

▼2022年発売ノンフライオーブントースターの口コミやコストコでの取り扱いについての記事はコチラ▼

タイトルとURLをコピーしました